2013-01-26 Sat 17:10

セーターの毛玉取り

ニットをネットに入れずに洗っていたら毛玉ができるようになったので、ダイソーの毛玉取り器を使ってみた。結果、ダメ。ちまちまと時間かかる割にはあまり取れないのでがっかり。モーターが弱く毛が絡まってすぐに止まってしまう。だからといって数千円する毛玉取り器は買いたくない。

調べてみると、T字カミソリでなでると取れるというのでやってみたら成功!早くて簡単だしきれいになり満足。新品のカミソリでやった方がよい。あまりやりすぎると薄くなるだろうから今後は毛玉作らないように気を付けよ。ウールなどの天然繊維は切れた毛が落ちるので玉になりにくいけど、アクリルなどの化学繊維は強度があるので毛が落ちずに固まって毛玉に。よって着用後はブラッシングして毛並みを整えると毛玉になりにくいよう。洗濯は摩擦を避けるためネットに入れて。

もう一つの毛玉取り方法に食器洗いスポンジの硬い面でなでるというのがあった。毛玉は取れるけど表面がもわもわと毛羽立つのでやめたほうがよい。余計に毛玉ができやすくなる。カミソリのほうがきれいになるのでお勧め。

2013-01-17 Thu 09:56

ラジオ体操・ごぼう茶

ラジオ体操を始めて3か月くらい、腰痛も少しずつ和らいだような。
youtubeでラジオ体操の解説を見てポイントを把握。
いい加減にやったのでは効果が少ないので、本気でやったほうがよい。
やっているつもりでも鏡を見ると美しくない。
体操のお姉さんみたいにはいきませんね。

書店でもラジオ体操の本をよく見かけるけど、ひときわ目を引くのが南雲先生のビフォーアフターの写真が載っている表紙。
思わずその若さの秘訣を知りたく手に取り、ざっと立ち読みしてごぼう茶を飲み始めた。
体調に変化はないけど毛穴が閉まって肌が滑らかになった。
ごぼうが香ばしくていくらでも飲めておいしい。
私はアルコールもカフェインも摂らないのでごぼう茶で行こうと思います。
シミが消えてくれることを期待。

早寝早起きも定着しつつあるけど気を抜くとすぐ夜型に戻るので決意が必要。
やはり早く起きると頭がすっきりして気分がよい。

2013-01-15 Tue 10:17

襟ぐりの深い服がイヤ

昨今のレディースファッションは体に合わなくて服がなかなか買えなくなった。とにかく首回りが深すぎる。動いているうちに服がずれて下着が見えてやしないかと気になってかがんだりもできないし。

夏にTシャツ一枚探すのにも適当な襟ぐりのものがない。仕方なくデコルテを出しているとその部分だけあせもになった。重ね着を想定しているのだろうけど、じゃあ中に着る物を探しても襟ぐりの深いものしか売ってない。昔はそんなことなかったのに。結局子供用のインナーを着てしのぐしかない。

冬はタートルを着てなんとかなるけど。ただヒート系のインナーがなぜ人気なのか分からない。薄っぺらい化繊でひんやりしているし、普通の綿のほうがよほどあったかい。最近は無印のオーガニックコットンストレッチタートルが快適でお気に入り。インナーじゃないカットソーの方があったかい、というかインナーとして着るとむしろ暑い。

メンズ服は襟深くないのに、レディースはどれも同じような形で、デザインでは選べなくなった。太めの人ならちょうど良いかもしれないけど、痩せ型がゆるい服だとヨレッとだらしなく見えるのよね。ほんと似たような服ばかりでうんざり。

2013-01-13 Sun 08:55

万年筆とノート

普段字を書く習慣がないので漢字も忘れているし、何か書きたくなって天声人語などの新聞コラムの書き写しをすることに。学生の頃履歴書を書くために万年筆を買ったが、手入れの仕方も知らないまま放置していたのでインクを洗って使ってみた。当時は万年筆なんて使いにくいなと思ってそれきりだったけど、改めて使ってみると書きやすい。筆圧がいらないのでさらさらと書けていくらでも書きたくなる。字を書く習慣を身に付けるには、字が書きたくなるという中毒性のある万年筆を持つのが必須かも。ボールペンだと汚く見えるけど万年筆だと濃淡があって汚い字でも達筆風に見えるし。

プラチナの中字と細字を持っていたけどノートに書くにはもっと細い線の万年筆がほしい。高級なのは持ちたくないので低価格のを物色。デザインで目を引くのはラミーサファリ。ポップなカラーがかわいいけどEFでも太いので残念。字の細さと軸の持ちやすさでパイロットのコクーンがよさそう。でもインク残量の見えるスケルトンにしたいのでプレラ色彩逢いに決定。インクはもちろん色彩雫で山葡萄をチョイス。

鉄ペンなので金ペンほど滑らではないにしても、細字を書くには丁度よく普段使いにはよい。色彩雫インクシリーズはおしゃれなボトルデザインといい風情のあるネーミングセンスといい、いろいろ試したくなって困ります。さらさらのインクで書きやすいけどその分水に弱いのはしょうがない。

ついでに200円万年筆のプレピーを楽天のポイント消費のために買ってみたが、それなりだった。インクフローが悪く早く書けないし細字でも中字くらいの太さ。マーキングなどには使えそう。

万年筆の場合、安っぽい紙だと裏抜けするのでノートも物色。最近は文房具もいろいろと進化しているのですね。さらさら書けるキャンパスルーズリーフに滑らかに書けるジェットストリームボールペンで書くと滑りすぎてどうなのやら。ノートは学生の時の癖でB5が定番だったけどA5が使いやすい。持ち運びやすくパソコンの前に置くにも丁度良い。ルーズリーフかノートか迷っていたら、ルーズリーフをリングノートのように使えるツイストリング、スマートリング、ルーズリング、CRバインダーなどがあるよう。どれも一長一短なのでリングノートを日々の雑記帳として使うことにした。セプトクルール、エトランジェ・ディ・コスタリカ、ロルバーン、パンセなどがカラフルでかわいい。お気に入りのノートでモチベーションを保ちたい。ちなみに、高くて質の悪いモレスキンのよさが分からない…。