--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-16 Thu 18:49

ノート

以前は紙を排除して何でもデジタル保存した方がいいと思っていたこともあったけど、それで仕事が効率化された気はしなかった。今はなるべく紙に字を書くようにしている。ぱっと開けばすぐに分かる検索力のよさ。お気に入りのペンとノートがあればなにか書きたくなるし。

今までコンパクトさでA5ノートを使っていたけど、最近A4にしてみた。余裕があるから色々書きたくなる。メモ術や記憶術の本に書いてあるようなことに感化され、A4方眼ノートに青ペンで書く。A4なら字が太くてもいいから、太さで断念していたLAMY万年筆も買った。

A4ノート自体、種類が少ないのですがね。100枚位のノートではノーブルノートかプレミアムCDノートになるけど、ノーブルノートは開きにくさがダメでCDノートにした。パタッと開けるし紙質もきれい。千円以上もするノートを買うとは、こだわるとだめだな。100均ノートも海外製のは紙が薄すぎるけど、日本製のはまあ許せる。落書き帳としてはいいかも。手頃なノートだとやっぱりキャンパスノートが使いやすい。2枚ごとにくっついてるのが開きにくいけど、他のと比べるとましだし、紙質も良い。キャンパスノート見直したから、ダサい表紙も素敵に思えてきた。

前はリングノート派だったけど今は綴じノートがいい。なぜか勉強した気になる。プラスチック表紙のかわいいリングノートは曲がってくるから書きにくくなる。厚紙のほうが丈夫。ルーズリーフはすぐに捨ててしまうけど、綴じノートだと見返すから、落書きでもあとで気付きがあったりする。むしろ綺麗に作ったノートより、適当に書いた落書きのほうが印象に残る。

ついでに付箋はフィルムタイプがいい。紙しか使ったことなかったけど、なぜ今までフィルムを使わなかったんだ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。